金型設計製作・プレス加工・+αの金属加工

だけプレ アジアトラブルレスキュー

  • 会社案内
  • 設備紹介
  • よくある質問
  • アクセス
  • サイトマップ

tel:0575-22-5022 FAX:0575-24-5528

お問い合わせ

だけプレ!300

●●

こんな「お悩み」「課題」は、ありませんか?

  • 小ロット板金部品のコストを抑えたい
  • 取引先の企業が倒産!小ロットのプレス板金部品を生産してくれる企業を探している
  • 金型の更新費用を抑えたい。相談に乗ってほしい

そんなお悩みを、だけプレ!で解決できます!

「だけプレ!」とは?

だけプレ!種類

小ロット部品は、板金加工にて生産されることが多いですが、プレス加工に比べると加工費が高くなりがちです。「だけプレ!」では、人的コストや経費削減、安定調達など、プレス加工ノウハウを通じ、板金加工とプレス加工を組み合わせることで、より最適な方法をご提案します。
既存部品から新規立ち上げ部品までをトータルサポートする、新サービスです。

✓ 形状が合えば、金型の転用が可能。
金型製作費を抑えられます。
▼転用例(左図参照)
曲げプレ類似形状で同じ角度の曲げ加工を、金型1つで加工可能。
穴プレ 類似形状の穴あけも、形状が合えば数パターンの部品加工が、金型1つで可能。
伸びプレレーザー加工との組み合わせで、プレス加工を3回から1回に削減可能。
切プレ 形状が同じであれば、異なる長さでも1つの金型で加工可能。
✓「板金加工」と「プレス加工」の最適な合わせ技をご提案。
不要な金型製作を見出いだし、コストカットにつなげます。

解決事例

CASE1 製品単価コスト、50%カット! ※金型代は含まず ※実績

小ロットですが、現状ではすべて板金加工で行なっており、毎回高単価になってしまい、困っています。
長期的に製造する部品なので、今後のためにも、コストダウンを考えています。
なにか良い方法はありませんか?

だけプレ!解決

最終的には、製品単価を50%カットすることが可能です。
初期費用は少し高くなりますが、一部は板金加工(レーザー)のまま、一部はプレス加工を活用することで、中・長期的(5~10年)で見ると、コストカットを実現することができました。

製品単価50%カット!

CASE2 初期金型製作費、75%カット! ※実績

新規部品の立ち上げをしています。
すべてプレス加工で行なう予定ですが、初期費用が高くなってしまいました。
コストダウンする方法はありませんか?

だけプレ!解決

プレス加工で使用する金型費を抑えます。
もともとプレス加工予定だった工程を、レーザー加工にするなど、最適な工法転換のご提案をします。
今回の図面を拝見したところ、プレスは最終工程のみで十分だと判断し、新規の金型製作費は1点分。よって、初期金型製作費は、当初の75%をカットすることができました。

製品単価50%カット!

お問い合わせ

製品についてのお問い合わせ
お急ぎの方はお電話ください

▼ その他、早川工業のことを詳しく知りたい方はこちら ▼

町工場連携 
製品実績